歯並びを治療する

矯正歯科の本来の目的とは

teeth

矯正歯科とは、歯科の診療科のひとつで、不正咬合や顎変形症を治療する目的で行われます。ワイヤーなどによる矯正力によって歯を正常な位置に移動させ、あるいは上顎骨、下顎骨の形態変化を起こすことで、審美性や顎口腔機能の回復、予防を目的とします。 歯並びの乱れからくる噛み合わせの悪さは、顎を動かす筋肉に負担をかけていることもあり、そうした不具合は顎関節の異常や肩こり、頭痛を引き起こす原因となったり、ホルモンバランスに影響を与えて生理不順や生理痛の原因になっていることもあります。実は、不正咬合が引き起こすトラブルは、虫歯や口内炎、歯周病になりやすい口内環境となっているほか、発音障害や咀嚼障害、体重減少や聴覚過敏、三叉神経痛や肋間神経痛などの多く不調の要因になっているのです。 矯正歯科といえば、審美性がとかく注目されがちですが、むしろ体のさまざまな不調を防いだり、取り除くために必要な治療だともいえます。

大人になってからでも矯正は可能です

成人になると矯正に時間がかかるという誤解も多くありますが、成人の歯は成長が止まっているため、早ければ1年半、一般的に2年から3年で終わります。また、成人の場合、自分の意思で矯正歯科を受診することが可能ともいえるので、都合のいい時期から矯正を始めることができます。 矯正歯科の技術も向上してきています。矯正装置を歯の裏側に装着し、目立たず人の目線を気にせずに日常生活を送ることのできる治療方法もあります。 ですから、矯正治療はいつから始めなくてはいけない、ということは全くありません。 見た目がよくなるだけでなく、歯並びが良くなることでプラークコントロールしやすくなり、結果、虫歯や歯周病が予防でき、歯の寿命が長くなる可能性も高くなるのです。

費用を把握する

teeth

矯正歯科を受けることで歯並びをキレイにすることができます。そのため、多くの人が利用しています。その矯正歯科を利用するためにも事前に利用料金を把握することが大事です。

Read More...

歯のトラブル

teeth

虫歯や歯周病などによって、歯を失ってしまうことがあります。特に奥歯は歯の磨き 残しが多いので、歯を失いやすくなります。ほとんどの方は、歯が抜けて痛みがない場合、一本くらいなくても平気と考えがちです。

Read More...

進歩している技術

teeth

歯並びが悪いという人はたくさんいます。そのため、歯並びを良くすることができる矯正歯科を受ける人も増えています。また、現在では矯正歯科で使う器具は目立たないモノも登場しています。

Read More...